何才からこれをさせる。何才だからまだできない。まだ、分からないから。という考え方を捨ててます。台所事項扉は階級に付けてます。台所な自由に入ってくる。だからと言って、まずい事、してはいけない事はその時の方々で回避決める。もちろん、育児なので、辛抱が勝った方が発展!なので、辛抱深くは要ります。見本を出すと、ハイハイやお座りし始めると、母体追いが始まりますよね。台所に出向く時間だ!ゲーム資料を敷きます。ザルを二つ置いてその前に座らせレタスを持たせて目の前でちぎってポイを繰り返しみせて取り掛かりたら、横目で見ながら夕食の準備。大きいのが、ポイの方に入ってたら、それは元のザルにサッと戻します。飽きたら作戦を洗って好きな玩具ゾーンに行きます。サラダの出来上がりだ。次は変わり扉を開けて表すオーマイガット!の時がありますよね。気持ちになる扉は大抵決まってませんか?そのの場合から触っては行けない物を先に出して見えない所に隠します。扉を開けて現す、繰り出す。横目で見ながら空になるか、の場合から1つの物に関心を盗み出したら、母体の始まり。「上手なにナイナイできるかな?」「どれをナイナイする?」持ったら「ええ、ここにナイナイ」後は、誉めながら増やす。さすがに、扉開けは常々続きますので、同じ事を扉にあきるまで辛抱レクレーション!開けなくなる頃には、の場合はスッキリ片付けられてます。母体の辛抱発展!洗濯タイプもお子さんの悪いハンド手拭いをたたんで重ねたたんで積み重ねを繰り返しみせて譲り渡したら多少にかかわらずグチャグチャだったりやるけど、出来上がり。こういう3つのコツは、抱っこ陽気に見せておいたり、母体がなおしてる時は「ナイナイ」と済むながら、耳から先に覚えさせておくと速いかな?次は出先、作戦を離して駆けたがるときはひたすらのちについてあるく。石や虫(害が薄いOK周辺)弄びたいだけ触らせます。見せたいだけ見せます。口に入れようとしたら、「汚らしいよ」とすぐ取り上げ「それは、何かな?」と気持ちを反らせます。砂遊びも同じく危うくない。汚い物以外好きな様に。但し、後はすぐにお湯船!入口ところで脱がせないとオムツのの場合まで砂まみれ。辛抱!後はやってはいけない事、何才になってもやってはいけない事は分から無いうちから育成ます。席に足を上げたらすぐ知らん顔でパチンたたく。料理の場合、立とうとしたら腰幅を気持ちよく圧すると自然と陣取るので、すぐ口に入れたり、食材に気持ちをひきます。これは、ゼロ才になるまでにやってみた事です。お子さんは物まねをしすぐ覚えます。後は、根気だ。